住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

中古マンションのリフォーム工事を依頼するにあたって

マンションという建物は、自分ひとりだけが住んでいるのではなく、複数の人間や家族が住む共同住宅だ。従って専有部分と共有部分、つまり個人が所有している部分と住人が共同で所有している部分がある。さらに共有部分のなかに専用使用出来る部分がある。

 

例えばバルコニーや1階の部屋につながる庭は、共有部分に入るのをご存知だろうか。但しバルコニーも庭も専用使用が許されている場所である。

 

リフォームは、専有部分しか許されない。バルコニーに土を入れて花壇を作るような「リフォーム」は原則として出来ない。玄関扉や窓は専有ではないのも、普通に生活していると、案外気がつかない。玄関扉は錠と扉内側の塗装部分のみが専有部分で、外側は共有部分になっている。窓も外側は個人の専有に入らない。

 

リフォームを検討する時には、まずこうしたことを念頭におかなければならない。基本的にリフォームが出来るのは専有部分だけである。

 

リフォームとは一般的にこれまで使用していた部分に手を加える工事を指す。そのために音が出たり臭気が出たり、あるいは工事専用車が駐車したり、工事人が出入りしたりして、周囲の住民に迷惑を与えることが起きる可能性がある。団地の理事会の承諾を得なければいけない案件もあるだろうし、先に記したようにリフォーム不可能な部分もある。理事会や工事を依頼する業者に相談して周辺に住む人々とトラブルにならないように注意することが肝心である。

 

リフォームにも規模によってピンからキリまである。原則として施行業者と文書による契約を取り交わしておくことも肝心なことだ。内部全体のレイアウトを変更するような大掛かりな工事なら、なおさら契約書が必要で、契約以前に充分に自分の希望を伝えて相談を繰りかえし、文章にすることだ。

 

施行業者もたくさんあるが、なるべく名前が通った業者を選ぶこと。インターネットでPRしているような業者を選ぼうとするなら、訪問してもらって直接話し合うことが大切。

 

契約書には契約不履行の場合の条項も入れておくこと。クーリングオフも可能であることも忘れないようにしたい。高齢者をねらったサギまがいの行為も起きている。信頼おける第三者に立ち会ってもらうことも考えたほうがよいだろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市